渋谷駅の喫煙所で。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。

いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。

今日、会社帰りに所用があり、いつもは通らない渋谷駅で降りました。

と、そこで何時間も喫煙していなかったために猛烈に喫煙したくなってしまった私。というのも、渋谷には南改札を出てすぐの所に喫煙所があるのを知っており、かつ私が降りたのが正に南改札でしたので、タバコの臭いがしてくるんですね。

もうこれはちょっと寄って行っちゃおうと喫煙所に向かいました。壁に囲まれて中は見えませんが、結構たくさんの人がいる様子。

これは1人くらいiQOSユーザーがいるかもなー、と思いながら喫煙所に入って行きました。

もう、すごいケムリです。煙いです。自分も喫煙者のくせに。まあ、ここは何回か来たことがありますが、前からこうでしたね。

で、まずは深々と一服です。やっぱりコレだよコレ、などとのんきな事を考えながら、落ち着いて辺りを見回しますが・・・あれ?1人もiQOSユーザーがいません。

渋谷といえば若者が集まり、流行にも敏感な人が多いはず。それなのに壁際いっぱいに並んでいる喫煙者の方々誰1人としてiQOSを吸っていません。

スポンサーリンク

私の感覚が麻痺しているんです。私の会社ではPM社員さんが来て直接販売してくださったので、この位の人数がいれば確実に5人以上はiQOSを吸っています。

ですが、一歩外に出るとこんなもの。

品薄状態で欲しい方にも行き渡っていないというのもあるでしょうが、世間一般のiQOSの認知度はまだまだこの程度なんですね。

iQOSは本当に素晴らしい可能性を秘めているデバイスです。喫煙者と非喫煙者の、軋轢といいますか溝を限りなく無くし、双方にとって大変メリットのあるものです。

タバコ会社は、JTがマナーについて啓発しているように、自分の顧客である喫煙者以外にも重い責任を負うという、稀有な業態だと思います。

特にiQOSの販売をしているPM社は、この可能性を出来るだけ広めて、啓蒙することも期待されていると思います。

広告が限りなく制限されるというハンディはありますが、私は1iQOSファンとして応援したいですね。見守ることと当ブログでこうした事を書き連ねていくしか出来ませんが。

そういう意味では、今の品薄状態だって、購入を希望している方のみならず、潜在的は非喫煙者の期待も裏切っていることになるのかな、早く何とかなればいいなあ、と改めて思いました。

では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。