iQOSチャージャーの充電と持ち時間 ~ どのくらい電池持つの?充電時間はどのくらい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
 いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。
 iQOSは1本吸うごとにチャージャーに入れてホルダーを充電し、ホルダーの充電が完了したらまた吸えるようになります。
 チャージャーにはランプが6つ並んでいます。詳しくは取扱説明書をご覧いただきたいのですが、一番上がホルダーの充電ステータスを示すランプで、
緑点滅:充電中
緑点灯:充電完了
オレンジ点滅:ホルダーの差し込み方がまずくて充電できない(接触不良)
という合図です。その下の4つのランプは、チャージャー自体の電池残量を示してます。
 一番下のランプは加熱ブレードを自動クリーニングしているときにつくランプです。
 ホルダーのランプは一つしかなくて、
緑点灯:ボタンを押したときにこれが付いたら充電完了(吸える)、緑点滅のあとにこれに変わったら加熱ブレードの加熱完了
緑点滅:(ボタンを2秒長押しするとこの状態になります)加熱ブレード加熱中
オレンジ点灯:あと2回もしくは30秒で終了
赤点灯:チャージャーで充電が必要
となってます。
 ほかにも故障の可能性を示すステータス等もありますが、普段目にするのはこれくらいです。
 キットを買うとチャージャーの充電残量はランプ2つがついているくらい、ホルダーは充電が不十分で最初はチャージャーに入れて充電する必要があります。
 さて、充電にかかる時間ですが、ホルダーはチャージャーに入れてから5-6分くらいでチャージャーの一番上のステータスランプが緑点灯になり、吸える状態になります。
 チャージャーが満充電までにかかる時間ですが、取扱説明書には付属の充電器で約90分と書いてあります。実際にかかる時間もそのくらいです。何より、給電方法がMicro USBでiPhone以外の一般的なスマホと同じなので、モバイルチャージャーなど持っていればどこでも充電できそうです。
 が!
 ここでちょっと驚いたのが、携帯でよく使う充電専用ケーブルだと充電できません。データ通信も可能なケーブルだとできます。理由はまったくわかりません。また、付属の充電器を見てみると、5Vで2Aです。最近の高速充電対応の携帯充電器であれば90分で終わりますが、PCのUSBとかから取ると3時間はたっぷりかかります。ちょっと古いモバイルチャージャーをお使いの方はご注意を。
 とはいえ、取扱説明書にはホルダーを最低でも20回は充電できると書いてあるので、外出先で充電が切れて困ることはあまりないでしょう。
 この「最低でも20回」というのがミソです。
 こんな言い方をしているのは、人によって1本吸う時間が異なるからでしょう。ホルダー自体は使用時で最大で6分間電池が持つとなっていますが、大抵そんなにかかりません。ですので、私の使い方では20回どころではなく30回くらいは充電できてます
 チャージャーの充電状態を示す4つのランプですが、使用するにつれて当然のことながら減っていきます。なぜか、4つから3つまでは中々減らず、3つから2つになるまでもそこそこかかりますが、2つから1つになるのは若干早目で、1つなってからは3回くらいしか充電できない、という傾向があります。私のもの固有の癖かもしれませんが。
 ですので、私はランプ一つになって2回くらいくらいチャージしたら速やかに充電しております。
 ところで、これでどのくらいの期間持つのでしょう?使用している充電池はリチウムイオン電池ですので、やはり1年半から2年くらいは持つと思うのですが、ちょっと持ち時間が短くなってきたなあと思ったら買い換えるのでしょうね。ホルダー・チャージャーとも現在はiQOS公式ストアで購入可能です。
※4/29追記:チャージャーとホルダーの寿命について、続編記事を公開しております。以下からご覧ください。
http://iqosnews.com/lifespan/
※2016/6/13追記: モバイルチャージャーで充電してみた感想を記事にしています。以下からご覧ください。
http://iqosnews.com/mobilecharger/
http://iqosnews.com/mobilecharger-at-restaurant/
 では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。