iQOSとPloom TECHの比較第2弾! Ploom TECHは衛生面で不満あり!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
 いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。
 
 iQOSもPloom TECHも盛り上がってますね。どう盛り上がっているかというと
 
iQOS
全国展開予定3/1⇒3/31⇒4/18(品薄?と言われております。)
Ploom TECH
予想を上回る売り上げにより通販の発送遅延中
 
 売れに売れているってことですね。これはとりもなおさず、世の喫煙者が喫煙による体への害や非喫煙者への迷惑というものを正しく認識しているということ、すなわち喫煙者全体のマナーが向上していることの表れと見てもいいかと思います。
 
 先週の金曜日に、会社の同僚と昼ご飯を食べに行き、喫茶店の喫煙スペースでタバコを吸いだしたときに、後輩君とこんな話になりました。
後:「ぽんたさん、それ気になってるんですよ。どうですか?」
ぽ:「今なに吸ってる?」
後:「これです。(とKENTのメンソールの細いやつを見せる)」
ぽ:「そうなんだ。最初はスカスカ感を感じるかもしれないけど、慣れたら気にならないよ。というか、オレは今うまいと思って吸ってるもん。1本試してみる?」
後:「いえ、今はいいです。。」
 そう、iQOSはヒートスティックが1本づつ吸い口があるので、簡単にお試しができるんですね。何をわざわざ言ってるんだ?とお思いでしょう。以前元上司さんお試しを進めたときには話しませんでしたが、Ploom TECHはこれができないんです。
 
 なんで?
 
 Ploom TECHは1箱につきタバコポッドが5個入っており、その間使うカートリッジは1本。吸い口はタバコポッドなのですが、どうしてもカートリッジ部分まではみ出ます。すると、男同士間接キス。いやん。しかも1箱吸い終わるまで。
 
 勘の良いあなたならもうお気づきでしょう。タバコポッド1つで50パフ、つまりタバコ3本分。いっぺんに50パフも吸わないので吸い口がむき出しのまま保管しなければいけないんです。正直、私はここにすごく抵抗があります。そのために、カートリッジを開封したときについているシリコンのキャップみたいなものを付けていたんですが、これがいざ吸おうと思って外すとタバコポッドまでついてくる始末。結局、そっとそっと注意してはずすしかないので、かなりめんどくさいです。
 実はこれこそが私がPloom TECHをメインとしなかった一番の理由の一つでした。タバコ感がiQOSよりもないのもそうですが、それは吸ってるうちに慣れてきましたので。
 
 ところで、この後輩君にはPloom TECHのことも伝えたうえで、判断を彼に任せました。心中ではどっちも買わないだろうと思いつつ。
 ですが週明け、彼が喜色満面のメールを送ってきました。
後:「ぽんたさん、アドバイスありがとうございました!早速週末にiQOS買ってきました!」
ぽ:「よかったねー。ちゃんと喫煙所で吸うんだよww」
 いいやつですね。このブログと同じようにただ大放談しているだけなのに「アドバイス」なんて言ってくれて。
 
 いかがでしたでしょうか?では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。