iQOSユーザーはマナーがいい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。

今日は暑い中、とあるイベントに行ってきました。このイベント会場ですが、屋内はあまり広くない割には屋外に結構広くスペースがあったのですが、その屋内と屋外の境目の分かりやすいところに喫煙所を用意していてくれたんですね。

まあ、そんなに人がわらわら来るイベントではなかったのですが、こういうの、嬉しいです。

最近の喫煙所の主流って、徹底的にわからないところに押し込めるじゃないですか?しかも見えないように囲ったり、そうでなくても奥の方にあったり。

そうすると煙がこもるんですよね。これは喫煙者でも嫌な状況になります。

今日は人が少ないイベントだったので、喫煙所に行ってもせいぜい10人に満たないくらいの方しかいらっしゃらなかったのですが・・・やたらとiQOS比率が高かったんですよ!

今まで渋谷や表参道であまり見かけなかったのはなんなんだというくらいです。いつ行っても、その10人に満たない喫煙者のうち、3−4人がiQOSユーザーなんです。

これって、世間的な比率とはだいぶ違いますよね?でもイベントの性格からしても、特にiQOSユーザーが多い理由も見当たりませんし・・・なんだったんでしょう?

そこで気になったのが、「もしかして喫煙所に来ていないiQOSユーザーがいるんじゃないか?」ということです。

理由はわかりませんが、なぜかこのイベントにはiQOSユーザーが沢山いる。ただ、喫煙所はその一箇所しかない。ということは、屋外のどこかで吸っている人がいるのではないか?

イベントを楽しむ傍、時々目を光らせてみましたが・・・完全に杞憂でした。

スポンサーリンク

喫煙所に行くたびに、律儀にiQOSユーザーが灰皿の近くで吸っています。まあ、当たり前といえば当たり前なんですが、これを見るとすごく嬉しくなりました。

というのは、当ブログでも何回かご紹介していますが、路上禁煙の場所でiQOSを吸って過料を科せられないかどうかは自治体によって対応が異なる、という記事が時々報道されますよね?

これって裏返すと、iQOSに限らず、Ploom TECHや電子タバコのユーザーが「路上禁煙の場所で吸ってもいいんですよね?」と問い合わせていることを意味しているのではないかと思うんです。絶対数は少ないことを祈りますが、少なくともそのような考え方の人がいて、実際に路上禁煙場所で吸おうとしている、ということです。

それがここではどのiQOSユーザーも喫煙所で吸っています。

別に私はマナー向上の使命感に燃えているわけではありません。当ブログでも何回か申し上げている通り、iQOSならOK!な場所が将来的に増える可能性があるのでその芽を自ら積むようなことはやめましょう、そのためには市民権を得ていない今は喫煙場所以外で吸うのはやめましょう、そうすることで非喫煙者に理解してもらいましょうよ、と自分で勝手に考えているだけです。

今日の光景はその見通しを明るくするものでした。

しかも、やっぱりiQOSユーザーが多いとケムリがモクモクしていないので喫煙所の居心地が良かったですね。もちろん、紙巻きタバコを吸っている方もいたんですが、それにしてもケムリに悩まされることはなかったです。

これからもこの調子でiQOSユーザーの輪が広がって、こうして喫煙所だけではなくカフェなどで吸えるところが広がればいいですよね。もしそういう所が私の行動範囲にあったら、私は間違いなくランチやコーヒー休憩でヘビーローテしちゃいます。

では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。