みんながみんなiQOSが合うわけでもないんです。 ~ 迷っていらっしゃる方へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。

さて、当ブログで私が激賞しているiQOSですが・・・全員が「うまい!こいつは素晴らしい!」と思うわけではありません。当たり前ですが。
高いイニシャルコストを払ってせっかく買っても、やっぱり紙巻きタバコに戻っていく方もいらっしゃいます

人はそれぞれに好き嫌いがあるわけですからそれはどうしようもありません。

私がしばらく吸っていてiQOSに慣れたように、おそらく私が今、紙巻きタバコに戻って「苦い!クサい!」と思っても、2-3日もすれば慣れて「iQOS?なにそれ」となるかもしれません。

かといって今現在私が我慢してiQOSで吸っているかというと、それもないんですよね。

この感覚、不思議でなんとお伝えしたらいいのか大変難しいんですけど、ご購入を検討されている方は、機会がありましたらご購入前に一度お試しになられることをオススメします。そうしたらわかっていただけるかもしれません。
もちろん、1本や2本吸ったからと言って今後も自分がずっとiQOSで満足していけるかどうかなんてことはわかりません。でも、自分の喫煙環境を考えてみる機会にはなると思います。
例えば「こうしている時に吸いたいんだけど今は吸えない、これだったら吸える」とか。
満足感というところでは、今は銘柄もMarlboloだけですし、その味が気に入らなかったらそれでアウトな方だっていらっしゃるでしょう。
そして、そんな方でも今後iQOS専用の新銘柄が出た際にはもしかしたら「これならイケる!」と思われるかもしれません。

スポンサーリンク

ひとつ、こう考えたらいかがでしょう?

「禁煙に向けた第一歩」

実際、PM社もHPを見るとこうした新デバイスを禁煙を促進するものと位置付けているようです。タバコ会社が禁煙を進めるというのもなんだか矛盾している気もしますが。

ただひとつ事実として私が言えるのは、今のところ私の知り合いでiQOSを購入した後でもまだ紙巻きタバコを併用している、あるいは完全に戻った方はいません。

私自身も、iQOSのメリットがあまりに大きいため紙巻きタバコに戻る気はありません。ただし禁煙も第一歩のまま止まりそうな気がします(笑)。

今のところ、この「メリットが大きい」と感じるか否かがどうも紙巻きタバコに戻る人と、iQOSを継続する人との一番の境目のような気がしてます。禁煙の促進は正直二の次ですね。

現在ご購入を検討中なんだけど迷っている方のご参考なるかと思ってあえて後ろ向きなことを書いてみました。

では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。