普及の道はまだ遠い・・・ ~ 外出先で二度見される話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
 当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 以前の記事、「iQOSはどこで吸うべき? ~ やっぱり喫煙所でしょ。」でも申し上げましたが、私はiQOSやPloom TECHといえども、外出先では必ず喫煙所で吸っています。ですが、最近煙にもうもうとまかれるのがちょっとイヤ。なので入口付近の邪魔にならないところで吸うようにしています。

 先日も外出先の屋内喫煙所でiQOSを吸っていましたが、大抵出ていく方が私を視界の端で認識してから、はっとして顔をこちらに向けてご覧になります。「なに吸ってるんだ?!」みたいな表情で。

 別に楽しんでいるわけじゃありません。それを見ると
「ああまだまだ普及への道は遠いなあ」
と思うわけです。まあ、まだ販売されたばっかりで全国展開すら終わってないので当たり前といえば当たり前ですが。

 でも不思議に思ったんですが、普通はそんなに他人がタバコ吸っているのって、見ませんよね?なぜそんなに気づかれるのか考えてみるに、持ち方が違うというのがあげられると思います。

スポンサーリンク

 以前の記事で申し上げましたが、私のiQOSはホワイトですので、一見すると紙巻きたばこに見えなくもありません。ですが持っているこちらからすると太くて紙巻きたばこよりは重量があるので、人差し指と中指で挟む持ち方ができません。必然的に、先のほう、紙巻きタバコなら火がついている場所をつまむような持ち方になります。
 これが目を引くんでしょうね。そういえば私自身、初めてiQOSを吸っている人に注目したのはこの持ち方でした。今でも会社の喫煙所で他のiQOS仲間の持ち方をそっと観察すると、ほぼみなさんこの持ち方をしています。この持ち方、知らない人が一見すると「おいおい、火傷するよ!」と思うのでしょうね。少なくとも私はそう思いましたもん。

 私はこうして見られたとき、特に何の反応もしないで相手の方が気のすむまで見せてあげます。といってもほとんどチラ見で終わりますが。消極的ながら私なりの普及活動です。
 そして「あれなんだ?」と喫煙所で思った方がスマホなどで調べてiQOSやPloom TECHに興味を持ち、試してご覧になる方が増えることを願ってやみません。

 でも、もしあなたが喫煙所でiQOSを吸っている人を見かけても、せめて離れたところからジッとみつめるのだけは恥ずかしいのでやめてください(;’∀’)。いっそのこと、「それ、どうですか?」とか話しかけてもらった方が気が楽です(n*´ω`*n)。もしそれが偶然にも私であれば、教えて差し上げますし、試し吸いも受け付けますよ。私はPMの社員でもなんでもありませんが。

 ではみなさん、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。