iQOSは路上禁煙の場所で吸えるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もマナーを守って喫煙したらっしゃいますか?ぽんたです。
いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。

喫煙者でしたら当然気にしているであろう「路上禁煙」の箇所。ここでは例え携帯灰皿等を持ていても、吸っていたら過料が科せられるのはご存知かと思います。

iQOSって、火を使わないじゃないですか?そうすると今までの「喫煙」の法的な定義にあたるかどうか、或いは禁止する必要があるのかどうかっていう議論が当然のように持ち上がってくるわけです。
ところが、自治体によってこの対応が分かれています

具体的には、千代田区などはポイ捨ての可能性があるのでダメという立場ですが、名古屋市は過料は徴収されない、ですとか。

私は「こういう風にわかりにくいから、無難に喫煙所で吸った方がいいですよ」なんていって喫煙所へ誘導するつもりは毛頭ありません。いや、私の結論としては「喫煙所で吸う」ですよ、やっぱり。でもわからないからというより、後々のことを考えてのことです。

突然ですが、携帯電話って、今では心臓のペースメーカーとかに影響がないのがわかって、電車の中や公共の場所で電話をしないように言われるのは純粋に「話し声がうるさいことがあって迷惑だから」というのに変わってきているのはご存知ですよね。
でも、世の中にはそんなことご存じない方っているんです。いまだに医療機器に影響があるからっていう理由で携帯電話を禁止しているっておもっていらっしゃる方が。

スポンサーリンク

何が言いたいのかといいますと、当ブログで再三出てくるキーワードですが、そうした考えが広く「市民権を得ていない」、ということです。携帯電話の例では「医療機器に影響はない」ということ、iQOSでは「火も使わない、灰も出ない、ニオイもしない、周囲へ有害な影響を与える物質もほとんど出ない」ということです。

今までの常識とされていたものって、常識とされていた期間が長ければ長いほど、たとえそれが誤りであったとしてもその誤っているという事実が人々の間で認知され、新たな常識が根付くのって時間がかかります。

携帯電話の件は比較的常識だった期間が短かったと思いますが、タバコに関しては歴史が長いだけあって相当時間がかかりそうです。
ましてや今はまだ少数派のiQOS使いや他の新世代タバコ喫煙者は、例え自治体が公式に認めているとはいえ、周囲の目というのはやはり旧来の常識通り、「路上禁煙のところでタバコをすってはいけないのに吸っている」と捉えるわけです。

私はどこでもiQOSが吸えるようになるのを願ってやまない一人ですが、このように自治体の対応がそれぞれ異なる上に、自治体の周知が不完全なことにより無用のトラブルが今後起きるのではないかと心配です。

そうならないように、そして最終的にはiQOSを吸う場所がもっともっと増やせるように、私は地道に喫煙所で吸い続けることにします(笑)。

では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。