喫煙所でガン見されました。嬉しい。でも恥ずかしいというか気まずい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。

昨日所用で会社帰りに渋谷に寄りました。所用って言っても飲み会とかではないので1時間くらいで終わり、タバコを吸いたくなったので喫煙所に行きました。

それにしても渋谷って喫煙所が駅の周りにたくさんありますよね。人も多いですけど。

昨日私が行ったのは以前の記事とは違い、ハチ公側の喫煙所です。

渋谷駅の喫煙所で。
今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。 いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。 今日、会社帰り...

これは・・・ひどい状態ですね。喫煙所外で吸っている人多数です。ケムリはもうもうとしていますし、喫煙者である私ですらひるんでしまう状態です。

よほど混雑しているから皆さん外で吸っているのかと思いきや、喫煙所内に入ると全然混んでいないんですよね。むしろ囲いの中の方が空いているという・・・。

これを見て私もさすがにガッカリしました。私が若い頃は「ハチ公前で待ち合わせ」というのは渋谷での待ち合わせ場所の定番で、定番すぎて人が多すぎるので却って巡り会えないというぐらいの場所だったのですが、最近はあまり待ち合わせ場所として聞かないわけがよくわかりました。

ここにいる方皆さんがiQOSにしたら、相当ケムリは立たなくなるんでしょうね。

まあ、ここで私が一人騒いでもどうなるものでもないので囲いの中でiQOSを出して吸い出しました。

周囲を見回しても相変わらず他にiQOSを吸っている方はいないようです。あのiQOSストアの行列やコンビニでの売り切れ続出といった事態にもかかわらず。購入した方は皆さんどこに行っちゃったんでしょう?まだまだ喫煙者全体の人数からすると絶対的な少数派なんでしょうね。

などど思いながら吸っていると、何やら右手の方から視線を感じます。ちらりとそちらを見やると、スーツを着てスーツケースを足元に置いた、出張帰りかな?というような裏若い女性がじーっとこちらを見ています。

ん?と左を見ても誰もいません。そう、先ほど申し上げたように囲いの中は空いていたので。

えーっと、ということは私・・・というか、これですね。iQOSですね。これをそこまでじーっと見つめていらっしゃる。えー・・・かなり微動だにせずおタバコ吸いながら見つめられるんですね。えー・・・。

もう本当にこんな感じで困ってしまいました。おそらく出張帰りでお疲れだったのでしょう。私が明らかに視線に気づいてチラチラ見やっても、視線は微動だにせず見つめ続けているんですよ。もう注目とかいうレベルじゃありません。ガン見です。

スポンサーリンク

わかっています。私ではないですね。この、ホワイトのiQOSです。

もう、いっそのこと「それ、どうですか?私も欲しいんですけど、どこにも売っていないんですよ。」と話しかけてくれた方がマシです。びっくりはするでしょうが、吸っている間中じーっと近距離から無言で見つめられる気まずさよりはマシです。

別に下心はないですよ?そんな勘違いはしません。

というか、iQOSユーザーの方なら、大なり小なりこのような経験お持ちですよね?もし無かったとしたら今からあります。多分(笑)。

この見つめられ地獄(天国?)でも、私は全然誇らしいとか、そういう感覚にはなりませんでした。恥ずかしいのは当然ですが、ここまで興味がある人がいるのにまだ入手できない状態が続いているんだな、というPM社へのもうひと頑張りをお願いしたい気持ちと、おそらく大多数の喫煙者にとっての変革をもたらすこのiQOSのさらなる普及を願う気持ちしか湧きませんでした。

環境がそうさせたのでしょう。このハチ公前喫煙所もそうですが、新橋駅前のSL広場の喫煙所など、遠目に見てもそこが喫煙所であることがわかるほどのケムリとニオイですから。喫煙者である私ですら、はっきり言って嫌悪感を催します。ましてや非喫煙者の方は近寄りたくもないでしょう。そしてますます喫煙者を毛嫌いする方もいるかもしれません。

これは正に私が理想とする環境とは真逆です。喫煙者が寄れば寄るほどケムリが盛大になるのは仕方ありません。ですが、あえて言わせていただきますと、喫煙所外で吸うなど以ての外です。

そんなことを考えているうちにその女性は吸い終わったのか、吸い殻を灰皿に捨てて立ち去りました。同時に私も重圧から解放されたのですが、その喫煙所のあまりの環境の悪さにそそくさと吸い、なるべく早くその場を離れたのはいうまでもありません。

少し離れてから振り返って見ると、確かに喫煙所の中は狭いので、もう少し広げていただいた方がいいかもしれないと思いました。壁際にちょっと腰掛けられるバーなど通していただけるだけで、結構な数の喫煙者が喫煙所外でなく中で吸うことになると思います。その方がかえってよいのではないかと。

要するに、喫煙者・非喫煙者双方からのお互いの歩み寄りが必要ということです。

では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。