新世代タバコは接客業の方にピッタリ ~ 「ニオイをさせない」もマナーのひとつ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
 いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。
 「スメハラ」って言葉、ご存知ですか?
 「スメル・ハラスメント」、個人的には何でも「ハラスメント」で片づけるのは差別しているようで個人的には好きではないのですが、要するにその人が嫌なニオイと感じたらスメハラになるようです。
 一般的には何日もお風呂に入らない人とかそういう人を対象にするのでしょうが、喫煙者にとっても他人ごとではありませんよね。
特に「ニオイ」といった時に一番気を遣うのは接客業の方ではないでしょうか?
 当ブログの以前の記事でも申し上げましたが、非喫煙者の方は喫煙者の我々が思う以上にタバコのニオイに敏感です。好きとか嫌いということではなく、純粋に鼻がいいという意味で。ましてやタバコのニオイって強烈です。紙巻きたばこを1日1箱吸っていた時の私ですら、通勤電車の中で直前までタバコを吸っていたであろう方が乗ってくるとニオイがきつくてイヤでした。
 でもお客さんってわざわざ面と向かって「あなたタバコ臭いから他の人に変わって!」なんていいませんよね?少なくとも私は言いませんが、心の中でそう思っている方ってかなり多いと思うんです。
 以前、とあるショップの店員をやっている知り合いからこんなことを聞いたことがあります。
 「クレームを言ってくれるお客様って私はありがたいと思います。確かに二度と来てくれないかもしれませんけど、こちらが気づいていないけどイヤだったことを教えてくれるので改善できるじゃないですか?むしろ何かでイヤな思いをしたのに、何も言わずに二度とこないお客様の方が私は怖いです。」
 もちろん、この方は非常に対応が良くてその店でもトップクラスのセールスの方で私もお世話になってましたが、そういう方が言っているんですよね。
 タバコのニオイがイヤだと心の中で思っているお客さんって、その見方だと「怖い」部類に入るんだと思います。
 私自身は接客業ではないのですが、仕事上よく会議をします。やっぱり会議の合間にはタバコを吸いたくなって喫煙所に行くのですが、まったく意識せずに会議相手や職場の同僚に不快な思いをさせていたかもしれないと思うと、反省するしかありません。
 私がこのブログの記事の冒頭と最後でマナーを連呼しているのは、こういう思いもあります。誤解を恐れずにはっきり言ってしまうと、分煙だけではどうしても不十分なケースって、あるんです。
 喫煙という行為は、吸っている最中だけではなく、吸った後も周囲に不快な思いをさせてしまう可能性がかなり高いものだということを、我々喫煙者は自覚しないといけないと思ってます。「スメハラ」なんて言われないように。
 ですが、今のiQOSやPloom TECHの盛り上がりを見ていると、私がわざわざ言う必要もないのでしょうね。だって、ケムリが出ない、灰が出ない、ニオイもつかないから売れてるんですもんね。そう思うと明るい気分になりませんか?
 では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。