iQOSってそもそも何なの? ~ めんどくさいんじゃない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
 いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。
 
 私が使用しているiQOSですが、まずはそもそも何なのよ?という話です。
 
 PM(Philip Morris)のサイトにいろいろ書いてありますが・・・ようするにPMでは「新世代の体への負荷を低減するタバコ」と位置付けています。これは従来の紙巻きタバコから有害物質を90%程度減らして・・・までしかPMとしては言えないようですが、私が訪問販売で出会った、預言者たるiQOS兄ちゃんはこう言ってました。
 
兄:「特に副流煙が体に悪いのはご存知ですか?」
ぽ:「(それは喫煙者のマナーとして知ってなきゃね!)はい。」
兄:「それがまったく出ません。口から出ている煙も水蒸気です。」
ぽ:「へ?」
兄:「タバコ葉を燃やしているわけではなく、まあいわば燻していると言えば近いですかね。」
ぽ:「ほほう。」
兄:「紙もないですし、そもそも燃えてませんからタールもほとんど発生しません。ほら、吸い終わったフィルターがまだ真っ白でしょ?」
ぽ:「ホントですね!」
兄:「有害物質が90%減少したということの証です。今、健康への影響についても臨床研究が進んでます。まだ結果が出てないのでお伝えできませんが、いい経過だと聞いてます。」
 
預言者が言っているのでこれも高い確度で当たりそうです。何せ、彼はまず「あなたは1週間で紙巻きタバコが吸えなくなる」という予言を的中させてますからね。
 
 使用方法などはググれば出てくるのでそちらに譲りますが、私はまったく面倒だと感じません。それどころか、ライターも灰皿もいりませんから、むしろ楽です。最初は中々慣れなくて、会社の喫煙所でもまず灰皿を持ってきてっと・・・おっと、いらないいらない、なんてやってました。ホルダーに入れた状態ですとそのまま平らなところにおいても吸い口が下につく心配もないので、かえって便利です。したがって、「咥えタバコができない」という意見は却下します(笑)。よく、チャージャーが重いと言われますが、そうでもないですよ?私はチャージャーとヒートスティックをYシャツの胸ポケットに入れてますが、紙巻きタバコの箱よりもスリムに収まってスマートです
 
 唯一、手間がかかると思われるかもしれないのが、「連続吸い」をしたいと思ってもできない、ということと、手入れが必要ということかもしれません。
 前者はもう1本ホルダーかキットごと買えば解決しますので、却下(笑)。手入れは、20本吸うごとに、充電器に入れると勝手にやってくれます。が、カスがちょっとたまるので、キットにブラシがついていて、それで掃除できるようにもなってます。
 このブラシが結構すぐれもんです。ぐりぐりやるだけでほとんどカスがとれます
 というわけで、手入れもさほど手間はかからんのですよ。
 
 いかがでしたでしょうか?では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。