iQOSはどこで吸うべき? ~ やっぱり喫煙所でしょ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
 いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。
 
 さて、今さらながら私のブログは喫煙者がマナーを守ることにより非喫煙者の理解を得られるようになり、お互いが笑顔になるような喫煙環境を実現出来たらいいなあという思いで書いております。もちろん、まだ実現できているとは思いません。ですので今のところは「カンキョウ」とカタカナで表記させていただいております。
 
 私がこのブログでiQOSやPloom TECHを積極的に紹介しているのは、こうした環境の実現を可能にするツールだと感じているからです。タバコの歴史はコーンパイプなどからブライヤーやキセルといった喫煙具からフィルターなしの紙巻き、フィルター付きの紙巻きと進化してきました。そういう大きな流れから考えると、この2つのアイテムは新世代タバコの姿を模索している時期のものではないかと考えているのです。VHSとベータみたいなものですかね。え?知らない?そうですか・・
 
 で、iQOSの話です。Ploom TECHもですが、火を使わない、灰が出ない、ニオイもしない、灰皿不要とくると当然のことながらこういった疑問がわきます。
「それって、わざわざ喫煙所までいって吸う必要あるの?会社の席とかで吸ってもいいんじゃない?」
「路上禁煙っていっても、これは火を使わず、ごみ箱に捨てられるんだからいいだろ?」
 ごもっともです。私もそう思います。現にiQOSは「iQOSのみOK」のお店を増やす努力をしているようです。私はまだ行ったことはありませんが、身近なところではTravel Cafeなんかはそうらしいですね。他にもライブハウス等も一部ありますが、スペースは分けられているようです。
 
 でも、私は度々ここでも触れている通り、会社でも喫煙所までiQOSを吸いに行ってます。路上禁煙の場所でも吸ってません。従来と違うといえば、クルマを運転中に吸うようになったくらいです。
 これはひとえに
「こうした新世代タバコはまだ市民権を得ていない」
と思っているからです。例えば、あなたが灰皿はないけれどごみ箱があるところでiQOSなりPloom TECHを吸ったとしましょう。そして吸い終わったらヒートスティックをごみ箱に捨てて去ったとします。これが知らない人にはどう映るかというと、きっと
「変なパイプでタバコを吸った人が吸い殻をごみ箱に捨てていった!放火か?!」
と、まあ極端に言えばこうなるわけです。
 
 実際、訪問販売があって吸う人がだいぶ増えた私の職場でも、喫煙所でiQOSを吸っている人はは1割か多くて2割程度の人しか吸ってません。そして、私自身、職場の喫煙所以外の場所では吸っている人をまだ見たことがありません。Ploom TECHにいたっては皆無です。
 
 こんなことで非喫煙者のあらぬ誤解を受けるのであれば、今まで通りのマナーで喫煙していた方がいいと思うわけです。長い目で見て、こうした新世代タバコが完全に市民権を得たときに、お互いが笑顔になるために。
 
 今回はお堅い内容でした。では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。