毎度お馴染み休日のクリーニングネタです。今回はちょっと大掃除。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もマナーを守って喫煙してらっしゃいますか?ぽんたです。
いつも当ブログへお越しいただきありがとうございます。

休日といえばiQOSお掃除ですね。今日もさてそろそろやるかなーと思いながらホワイトのホルダーを眺めていました。

そこでぎょっとしました。なんか、キャップとホルダー本体の色が違っています。キャップがすごく黄ばんでて、ホルダー本体は真っ白。

がーん。そんな。私はホワイトの純白感とサラサラの肌触りが好きなのに。

まあ、幸いキャップですので外せばジャバジャバ水洗いできます。中のクリーニングも兼ねてまずはぬるま湯でジャバジャバ。もちろんこれだけでは落ちませんし、キャップ内部の洗浄も考えると洗剤をつけて洗うので、まあいいです。

次は手洗い石鹸の泡を出してしばらくキャップをこすったり手の中で揉んでみたりして洗います。最後にぬるま湯で泡を流してみると・・・うん、綺麗になった気がします。

水気を拭き取り、内部も十分に乾かしてからホルダーに戻してみると・・・よかった!ホルダー本体と同じく真っ白に戻っています!

でもこれ、なんでしょうね?確かに、吸っている時はキャップのあたりは結構熱くなっています。そして、最近では暖かい気候と湿気が多いからでしょうが、ランプの点滅が終わるのを待っていると、スイッチのあたりからうっすらとケムリが立ち上っているのもわかります。

スポンサーリンク

こういうのが熱で焼付くんでしょうかね?それにしては結構簡単に落ちましたが。

まあ、定期的にキャップを石鹸で洗っておいたほうがよさそうです。とそこで思ったのは、ネイビーのホルダー。これって色が濃いから目立たないというかわからないだけで、きっと同じように汚れているんですよね?

と思って同じく石鹸でもみもみスリスリしておきました。

ついでながら、あのクリクリするブラシが段々臭くなってきました。試しに綿棒を突っ込んでちょっとかき回してみると・・・めちゃめちゃ汚いです。ですので、こちらもまずはぬるま湯ですすぎ、洗剤を中に満たして10分くらいつけておきました。洗い流してみると・・・もう臭いません。綿棒を入れてクリクリしても汚れもついてこなくなりました。

それにしてもキャップといいブラシといい、ヤニの汚れと違って随分あっさりと落ちます。これはお手入れ自体は楽でいいですね。もっとも、紙巻きタバコの時はそんな手入れは必要なかったわけですが・・・。あ、でも灰皿を洗う手間は減りましたね。

では、マナーを守って明るい喫煙ライフを!タバコは二十歳になってから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。